診療案内

診療予約・お問い合わせ

電話.079-490-4898

診察時間

【月・火・金曜日】
8:30~12:30/14:00~18:30
【水曜日】
8:30~12:30/14:00~19:00
【土曜日】
8:30~13:00/午後休診

休診日

木曜・土曜午後・日曜・祝日
※受付終了時間は、診療時間の30分前まで

メールでのお問い合わせ 24時間受付中

ベビーマッサージ教室 Baby&Gumマッサージ ぴよこ

播磨歯科医師会ホームページ

リンク

個人情報保護について

高齢者歯科

高齢者歯科とは

お口の中を清潔に保つことは、健康管理の上でとても大切なことです。特に年齢を重ねるごとにむし歯、歯周病だけでなく、摂食嚥下障害などいろんな疾患にかかりやすくなります。

最近では、口腔ケアにより歯や粘膜の清掃をしっかり行い、同時に摂食嚥下機能を高めることで、誤嚥性肺炎を予防できることもわかってきました。

口腔ケアの種類

口腔ケアは、口腔内の歯や粘膜、舌などの汚れを取り除く器質的口腔ケアと口腔機能の維持・回復を目的とした機能的口腔ケアがあります。

器質的口腔ケアは口の中や入れ歯をきれいにして、細菌の増殖を防ぎ、虫歯や歯周病、誤嚥性肺炎、感染症などを防ぐことが目的です。歯ぐきや歯、舌、頬などの粘膜、入れ歯などについた歯垢(バイオフィルム)をこすり落とすため、歯磨き、うがい、入れ歯の清掃、舌や口の粘膜の清掃などを行います。

機能的口腔ケアは噛む・飲み込む・話す・呼吸するといった口の機能低下を防ぎ、増進させることが目的です。かむ力や飲み込む力を強く維持する体操、唾液腺のマッサージ、頬や舌、筋肉のマッサージなどを行います。

お口の中を清潔に保つことは、健康管理の上でとても大切なことです。特に年齢を重ねるごとにむし歯、歯周病だけでなく、摂食嚥下障害などいろんな疾患にかかりやすくなります。最近では、口腔ケアにより歯や粘膜の清掃をしっかり行い、同時に摂食嚥下機能を高めることで、誤嚥性肺炎を予防できることもわかってきました。

誤嚥性肺炎について

通常人間の体は口から入ったもののうち食べ物や飲み物は食道へ、空気は気管へと振り分けられます。

しかし、食道と気管は隣り合っているため、誤って口の中や胃の中のものが気管に入ってしまうことがあります。これを誤嚥(ごえん)といいます

口腔内には多種多様の細菌がすんでいます。気管に入ってしまった異物に含まれる細菌が原因で肺炎になることがあり、これを「誤嚥性肺炎」といいます。

若い健康な方ならば、咳をして外に出したり、気管の粘膜の繊毛活動で外に排除されます。しかし高齢者の方の中には飲み込む機能や咳をする力が弱くなりますそのため異物が気管に入ったままになりやすく、さらに抵抗力や免疫力が下がっていることなどもあり、誤嚥性肺炎になりやすいといわれています。

入れ歯治療について

比較的、多くの歯を失った場合に行われる治療方法です。フィットする入れ歯は身体の大切な一部になります

健康なお口の状態を保つため、きちんとご自分に合った入れ歯をご使用いただくために定期的なメンテナンスを行い、残った歯を守ることが大事です。