診療案内

診療予約・お問い合わせ

電話.079-490-4898

診察時間

【月・火・金曜日】
8:30~12:30/14:00~18:30
【水曜日】
8:30~12:30/14:00~19:00
【土曜日】
8:30~13:00/午後休診

休診日

木曜・土曜午後・日曜・祝日
※受付終了時間は、診療時間の30分前まで

メールでのお問い合わせ 24時間受付中

ベビーマッサージ教室 Baby&Gumマッサージ ぴよこ

播磨歯科医師会ホームページ

リンク

個人情報保護について

小児歯科

子供の健康な歯を保つためには、赤ちゃんの時からしっかりとお口のケアをすることが大切です。

生まれたての赤ちゃんのお口の中には虫歯菌はいないといわれているのですが、離乳食が始まって、子供に食べさせるとき、お母さんが一度口につけたものを食べさせたりすることはありませんか?その時にお母さんが虫歯になっていると、虫歯菌が子供にうつってしまいます。赤ちゃんの歯や生え始めの永久歯は、歯の質が柔らかいため虫歯になりやすく、進行が早いといわれています。大切なお子様が虫歯にならないためにも日頃のケアと定期健診をおすすめします。

お子様が歯の治療を怖がらないために

歯医者には「痛い」「怖い」というイメージがあり、大人でも虫歯の治療は怖いものです。ましてや小さなお子様が、恐怖心を持たずにお口を開けていることなどほとんどありません。

一番初めに痛い治療をされると、そのイメージばかりが先行してしまい歯医者がトラウマになってしまうかもしれません。その結果、症状が進行してしまってからの受診となり、痛みを伴う治療が必要になります。

このような悪循環を作り出さないためにも、お子様が「怖がらない歯科医院」を目指します。

子供の虫歯予防

お口の健康を維持するには、乳歯時期からの予防が大切です。自分で歯がみがけるようになってもお子様自身だけではお口の健康管理がうまくできません。

そのため、当院ではご両親にもブラッシング指導をさせていただいています。お子様が一人で歯みがきができるようになっても、仕上げみがきやチェックを行ってあげましょう。

また、早期発見・早期治療のためにも、定期検診にお連れください。

フッ素塗布

フッ素を歯に塗布することで、歯の表面から取り込まれ、歯の結晶(アパタイト)の一部になります。

フッ素を含んだ歯の結晶は、虫歯菌の出す酸に対してより強くなります。虫歯になるのを防ぐ効果があるといわれるのはこのためです。

シーラント

奥歯の溝は深く複雑な形をしていて、歯ブラシが 届かず虫歯になりやすいものです。

そこで、薄いプラスチック樹脂(虫歯治療で用いられる「レジン」という素材)で奥歯の溝をふさいでおくことで、虫歯を予防します。生えたての永久歯に効果があります。

子供の矯正

矯正自体は大人になってからでもできるのですが、顎の成長段階である子供の時期に矯正をすることにより歯を抜かずに矯正を行うことが出来ます。