診療案内

診療予約・お問い合わせ

電話.079-490-4898

診察時間

【月・火・金曜日】
8:30~12:30/14:00~18:30
【水曜日】
8:30~12:30/14:00~19:00
【土曜日】
8:30~13:00/午後休診

休診日

木曜・土曜午後・日曜・祝日
※受付終了時間は、診療時間の30分前まで

メールでのお問い合わせ 24時間受付中

ベビーマッサージ教室 Baby&Gumマッサージ ぴよこ

播磨歯科医師会ホームページ

リンク

個人情報保護について

虫歯・歯周病

虫歯(むし歯)はどうしてできるのか?


ミュータンス菌
虫歯とは、ミュータンスと呼ばれるお口の中の細菌が糖を利用して「酸」を作り、その酸によって歯の表面の硬いエナメル質が溶け、その部分に穴があきます。これが虫歯の始まりです。

糖は、ご飯やパンなど、非常に多くの食品に含まれています。お砂糖だけではないのです。 虫歯は、歯を失う最大の原因です。

丁寧な歯磨きや糖分の多いチョコレートや飴などの摂取を控えることで充分に予防はできるのですが、 虫歯になってしまうと、風邪などのように自然の治癒力で治るということがほとんど望めません。

虫歯をそのまま放っておくと他の健康な歯にもその範囲を広げていきます。 早期であればあるほど痛みは少なく、治療は簡単になるのでなるべく早く受診しましょう。

「どんなに頑張って歯磨きをしても出来てしまうもの」ではなく、しっかりと予防を行えば、「確実に予防ができる病気」でもあります。

虫歯が進行するとどうなるのか

歯医者で検診をしてもらっている時に、「C1、C2…」と言っているのを聞きませんか? 「C1、C2…」とは、虫歯の進行具合のことなのです。

虫歯は気がつかない間に進行してしまいます。痛くなってからでは手遅れになっていることが多いため、定期的に歯科検診を受けるようにして、初期の段階で虫歯を見つけることがとても大切なのです。 ちなみに「C」とは「カリエス・caries」(歯科の専門用語)の略で「虫歯」という意味です。

C0

c0虫歯になる前兆です。難しい言い方をすると、う蝕前病変とか、要観察歯ともいわれ、ごく初期の状態です。自覚症状がないのでわかりづらいのですが、歯医者さんに行けば見つけてもらえます。

この段階で歯みがきやフッ素利用などによる充分な手入れをすれば、歯を削らなくてもたいていの場合虫歯に進行せずにすみます。

C1

c1表面のエナメル質が溶けはじめた、浅い虫歯。歯の表面に黒い着色や白い斑点状の不透明な白濁が見られます。

エナメル質の中には神経が通っていないため、まだこの時点でも痛みを伴う自覚症状がほとんどなく、自分で見つけるのは難しいです。

この段階での治療は虫歯になっている部分を削って修復材をつめるだけの簡単な治療ですみます。この時点で治療を受けるのが一番良いのです。

C2

c2エナメル質の下の象牙質まで進んでしまった状態。冷たいものや甘いものがしみるようになったり、噛むと痛かったりするというような自覚症状があらわれます。まだこの時点でも治療をすれば、ほとんどの場合神経をとらずにすみます。

C3

c3歯の中の象牙質からさらに奥の神経(歯髄といいます。)近くまで進んでしまった虫歯です。ここまで進行してしまうと神経をとらなければならない場合があります。また、治療に要する回数も多くなります。

C4

c4歯冠部がほとんど失われ、歯根のみが残っている状態。歯髄は、死んでしまっているので、痛みはあまり感じなくなっています。ですが、根の周囲に膿がたまり、口臭がひどくなります。根の炎症がひどければ、抜歯しなければなりません。

初期の段階であれば、治療にかかる時間、お金、精神的な負担が少なくて済みます。症状が軽い段階での治療が望まれますので 、定期健診をして歯の健康を保ってくださいね。

もし、歯が痛くなったら?突然歯が痛みだしたけど、病院が開いていない…そんなときの応急処置はどうすればいいの?

少しでもむし歯の痛みを和らげられるための、応急処置の方法です。

  1. むし歯の穴がはっきりと分かる場合は、まず穴の中をきれいにしてください。
  2. 食べかすが詰まっているようなら、歯ブラシ(歯磨き粉はつけないでくださいネ)やつまようじなどでそっと取り去ってください。このとき、つまようじで穴の中をつついてしまわないように注意してくださいね。
  3. そのあと、ぬるま湯やうがい薬で口の中を洗浄します。
  4. もし自宅に「今治水(こんじすい)」や「正露丸(せいろがん)」があれば、それらを使ってください。 「今治水(こんじすい)」はむし歯に直接塗る薬で、むし歯の痛みを和らげる効果があります。「正露丸(せいろがん)」はむし歯の穴に1~1/2粒をそのまま詰めて使います。いずれのお薬も一時的に痛みをとる効果しかありません。むし歯そのものは治りません。
  5. 冷やすと痛みが少しやわらぐので、氷水で冷やしたタオルや冷却シートなどで外側から頬全体を覆うようにして冷やします。体が温まると痛みが強くなるので、運動や入浴、飲酒は避けて安静にしてください。
  6. 市販の鎮痛剤は歯の痛みにも効きますから、我慢できないほどの痛みの場合は服用してもいいと思います。 (説明書をよく読んでくださいね)
※これらはあくまでもこれらは応急処置です。できるだけ早く受診してくださいね。

歯周病

歯周病は、歯肉や歯を支えている組織におこる病気です。歯と歯肉の間には歯周ポケットと呼ばれる隙間があります。この歯周ポケットに細菌が入り込み、炎症を起こした状態を「歯肉炎」といいます。

「歯肉炎」が進行し、歯を支えている歯槽骨が破壊される状態を「歯周炎」といいます。 日本人の成人の約80%が歯周病(歯肉炎・歯周炎)にかかっているといわれています。 歯周病は虫歯と並んで、歯を失う大きな原因の1つです。

歯周病の最も恐ろしいところは、痛みなどの自覚症状がほとんどないため、 気が付いた時にはだいぶん進行しまっていることが多いということです。

歯周病が進行するとどうなるのか

初期

初期歯の表面に少し歯垢や歯石がついています、 細菌の住みやすい環境がつくられ始めました。 自覚症状はありません。

歯肉炎

歯肉炎歯と歯肉の隙間に歯垢がたまり、歯肉が腫れてきます。 歯周ポケットの深さは約2㎜から3mm。

軽度歯周炎

軽度歯周炎歯周ポケット(歯と歯肉の隙間)に歯石がたまり、歯肉が赤く腫れます。歯周ポケットの深さは約3mmから4㎜。

歯周病中程度(歯周病)

歯周病中程度(歯周病)細菌が増え、周りの骨が溶け始めます。 歯と歯肉の間に溝ができ始めている状態です。歯の周囲の歯肉は赤く腫れ、口臭・出血・不快感というような自覚症状があらわれます。 歯周ポケットの深さは約4mmから5mm。

歯周病重度

歯周病重度歯肉は化膿し腫れています。歯周ポケットが深くなり、 歯を支えている骨がさらに溶けていき、歯はぐらぐらして、 ものも噛めなくなりついには歯が抜け落ちてしまうこともあります。歯周ポケットの深さは5mm以上。

エムドゲインを利用した歯周病治療法

歯周病が進行すると歯周組織が破壊されてしまいます。歯周病の原因(歯垢や歯石)を取り除いても、破壊された歯周組織はなかなか元に戻りません。

そこで歯茎に「エムドゲイン」というたんぱく質の一種を塗布することにより歯周病によって失われかけている歯の周りの歯周組織を再生させ、歯を失うことを防ぎます。エムドゲインとは歯周組織再生誘導材料のことです。

エムドゲインを利用した歯周病治療法